ニゾラールなら水虫を完治させることができます。水虫の再発に悩んでいる方やしつこい水虫にはニゾラールがおすすめです!病院で手に入れることもできますが、通販だったら簡単に購入できる人気の水虫治療薬です。

  • ホーム
  • ニゾラールを使う前に水虫に触れたものを捨てる

ニゾラールを使う前に水虫に触れたものを捨てる

足を手入れするイメージ

もしも水虫に感染してしまった場合、水虫で触れたものについてはそのままにしておくと水虫の原因菌である白癬菌が残ってしまいます。
例えば感染者がはだしで歩けばその剥がれ落ちた角質には白癬菌がいますし、スリッパやバスマットなど、共用で他の人が使用する機会があれば、その人に水虫が付着してしまうので感染のリスクが高まってしまいます。
水虫に触れたものをすべて捨てるのは難しいかもしれないですが、清潔にする事は大切なので少なくともそのままの状態で放っておくのは決して良くないです。
そうしてきちんと処理を行った上で治療を行わないと、せっかくの治療が役に立たずに再び再発してしまう可能性もあります。
日本人の5人に1人が白癬菌に感染していて、しかもその50%が再発するなどといわれているほど、水虫を治療する際には再発率が高いので感染源になるものは出来るだけ排除しても決してやり過ぎとは言えないのです。
治療については以前は難しいと言われていましたが、現在では完全に治す事が出来るようになっていてニゾラールを用いれば完治する事は可能です。

ただし、ニゾラールで治療する際にはクリームやローションで患部に塗るようになっているのですが、単に塗るだけでは完治する事が出来ない可能性もあるので注意しなくてはならないです。
まず、ニゾラールを塗る時には見た目に変化がある部分だけでは無くその周囲にも塗るようにする必要があります。
白癬菌は見た目に変化がある部分だけでは無くて、その周辺にまで活動範囲を広げているからです。
また、症状が収まったらすぐに塗るのを止めてはいけないです。
症状が収まっても角質層の奥に白癬菌が残っている可能性もあるからで、すぐに止めてしまって白癬菌が残っていると再発する原因となるからです。

人気記事一覧